いぐさ・畳の凄い効果

【1: 集中力を高める効果】
子供による算数の集中力実験から、和室の方が集中力を高める効果が実証された

いぐさ畳は、その特有の香りや心地よい触感により、集中力を高める効果があります。子供たちを対象にした算数の実験では、和室での学習が集中力向上につながることが明らかになりました。畳の上で行う活動は、心地よさと落ち着きをもたらし、集中力を高めることが期待できます。

【2: 調湿機能・保温と断熱性】
四季のある日本の気候に適したいぐさ畳の効果

いぐさ畳は、四季の変化に応じて湿気を吸収・放出する調湿機能があります。日本の平均湿度73%という湿度の高い環境においても、いぐさ畳は湿気を40%まで調湿する能力を持ちます。さらに、保温性と断熱性にも優れており、冬は暖かさを保ち、夏は熱を遮断する効果があります。

【3: 空気清浄化】
いぐさ畳の天然の空気清浄効果

いぐさ畳は、天然素材の特性を生かして、二酸化炭素やシックハウスの原因とされる化学物質を吸収します。畳の上にいるだけで、室内の空気を浄化し、快適な環境を提供します。

【4: 香りによる沈静効果】
いぐさ畳の香りがもたらす癒し効果

畳表の香りは、森林浴と同様の癒し効果をもたらします。香りを感じることでリラックスし、心身を沈静させる効果があります。忙しい日常から離れ、癒やされる空間を提供することができます。

【5: 弾力性】
畳の弾力性がもたらす安心感

いぐさ畳は適度な弾力性があり、転んでも衝撃を吸収します。特に子供や高齢者にとっては、畳の上に過ごすことで、安心感を得ることができます。畳の柔らかさと適度なクッション性が、転倒時や座ったり寝転んだりする際の衝撃を和らげ、怪我のリスクを軽減します。

【6: 吸音効果】
いぐさ畳による静寂な空間づくり

いぐさ畳を敷くことで、音や振動などの害音を軽減する吸音効果があります。畳の柔らかな素材が音を吸収し、部屋全体を静寂な空間に変えます。特にマンションやアパートなどの集合住宅では、隣人等への騒音の配慮としても重要な役割を果たします。

以上が、いぐさ畳の凄い効果についての解説です。畳の特性を活かした集中力向上や調湿機能、空気清浄化、香りによる癒し効果、弾力性、吸音効果など、さまざまなメリットを享受することができます。畳の素晴らしさを知り、心地よい和の空間を実現しましょう。

一級技能士のいる熊本県産表専門店 いわき市平 小野畳店

関連記事

  1. い草 目積表

  2. 畳の原料となる「いぐさ」の生産と、畳表ができるまで

  3. 縁無畳施工:ダイケン和紙表 天然い草目積表

  4. 「畳床交換のメリットと畳芯材の選択肢」

  5. い草の機能

  6. 国産表と中国産表

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA