「畳床交換のメリットと畳芯材の選択肢」

畳床を交換することは、美しさと耐久性の向上に寄与します。畳床の選択肢として、建材床、ケナフ床、藁床のそれぞれの違いを考えましょう。

建材床は合成素材でできており、畳表面の凹凸がなくなり、毛羽立ちが少なくなります。硬さが特徴で、畳の表面が均一であり、掃除もしやすいです。ただし、畳の感触が硬めであることを考慮する必要があります。

ケナフ床は最近の注目を集めている素材で、通気性がありながらも耐久性があるため、美しさが長続きします。また、自然素材を使用することで、畳床の質感も向上します。ただし、価格がやや高めです。

藁床は自然素材で通気性がありますが、地元で生産されておらず、宮城県で生産されており輸送コストがかかるというデメリットがあります。そのため、価格や地域資源の利用に慎重になる必要があります。

畳床の選択には美しさだけでなく、畳の感触や使い勝手、地域環境など様々な要素を考慮することが大切です。畳床の交換は、これらの要素をバランスよく組み合わせ、快適で美しい空間を実現するための重要な一歩となります。

一級技能士のいる熊本県産表専門店 いわき市平小野畳店

関連記事

  1. ウッドショック

  2. 畳床の種類とそれぞれの特徴を解説

  3. 一級畳製作技能士:伝統と職人の誇りが織りなす畳の魅力

  4. 畳の原料となる「いぐさ」の生産と、畳表ができるまで

  5. い草 目積表

  6. 熊本県い業大会「い草・い製品品評会」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA