縁無畳施工:ダイケン和紙表 天然い草目積表

住宅の洋風化等に伴い縁無畳の需要が増えています。縁無畳を作るには、化学表やい草目積表などを『折る』という高難度な作業が必要です。

縁無畳を製作する際に畳表を折るコツは、以下の点に注意することが重要です。

1.  湿度の管理: 畳表は湿度に影響されやすいため、畳を製作する際には湿度の管理が重要です。湿度が低すぎると畳が硬くなり、高すぎると型くずれする可能性があります。
2.  畳表の種類: 畳表の種類によって折り方が異なることがあります。畳表の特性を理解し、適切な方法で折るように心がけましょう。
3.  均等な力の分散: 畳を折る際には力を均等に分散させることが重要です。一部分に力が集中すると、畳が不均一になりがちです。
4.  専用の工具の利用: 畳製作には専用の畳折り機や工具があります。これらの道具を使用することで、均等に畳を折ることができます。
5.  慎重な作業: 折る際には慎重であることが重要です。急いで作業すると、畳が傷んだり歪んだりする可能性があります。

縁無畳製作には熟練の技術が必要な場合があります。同業者の畳店さんでも縁無畳はちょっと苦手だと言う畳店さんもあります。しかし当店は縁無畳表折曲げ機を導入して13ミリ仕上がりから60ミリ仕上がりまで当店施工で納品いたします。

縁無畳施工お任せ下さい。いわき市 小野畳店 

関連記事

  1. 「高温多湿な季節におすすめのマイトスタット防虫紙:カビやダニの駆除と防…

  2. いぐさ・畳の凄い効果

  3. 新しい機械導入 トクラテックPRO2-DX(デラックス)

  4. 高級畳表の特徴:飴色の変色と毛羽立ちにくさ

  5. 和室は子育てに重宝するスペース

  6. 新年あけましておめでとう御座います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA